台所の掃除

さぁ収納が終わったら、お掃除ですね。

台所のお掃除はこまめにが基本……といっても今はまだ、レンジの上は油汚れでギトギト。
シンクは菌がわいてヌルヌルですね。

ここはちょっと気合の入れどころです。
油汚れはクレンザーなどをつかって、ゴシゴシとこするしかありません。

力をできるだけ使わなくて済むように、洗剤を汚れた部分につけたら、そのまま数十分放置しましょう。
汚れが洗剤に溶けて浮き上がってくるはずです。
それを軽く拭き取ればよいだけです。
1回では終わらないでしょうから、それを何回も繰り返して下さい。
やがて、油汚れだらけだったコンロまわりが、鏡のように美しくなっているでしょう。

シンクのヌルヌルは、漂白剤を使いましょう。
これも液を振りかけてしばらく放置しておけば、赤や黒いカビも一緒にヌルヌルが溶けると同時に浮き上がってくるはずです。
何回か繰り返しましょう。

シンクの排水溝は一番の難敵ですね。
排水溝にたまっている野菜などのクズは、まず捨てて下さい。
そして排水溝にはまっている器具は、できることなら分解します。
(分解できる構造になっていないものは、そのままでよいです。)
そして、これにも漂白剤を振りかけます。
しばらく待ってから、水洗いしましょう。
やはり一回ではすべての汚れが落ちないでしょうから、何回か繰り返しましょう。
少ない回数で済ませたいのでしたら、洗いオケなどの中に漂白剤の水溶液とともに浸してしばらくおいておきましょう。

どうでしょう。
ピカピカになりましたか。
それではそれを維持することを考えましょう。

台所で水分は、雑菌がわく原因です。
シンクのまわりをヌルヌルにしたくないのであれば、水滴は常に拭き取ることです。
水分がなくなることによって、ばい菌君が繁殖する温床がなくなり、シンクのまわりがヌルヌルとなることがなくなります。
台所の大掃除を避けたいのであれば、こまめに水分を拭き取るということを怠らないのが重要です。

同様のことが、レンジのまわりにもいえます。
飛び散った油を放置しておけば、それがやがて落ちにくい汚れの原因となってきます。
ですから、フライパンなどで油を使って料理をした直後は、その飛び散った油をキレイに拭き取っておきましょう。
そうすれば、クレンザーなどを使わなくても、少ないちからで簡単に汚れを落とせます。
それだけでなく、コンロのまわりを常にピカピカにしておくことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です