お掃除のコツ

お掃除のコツを、改めてここでおさらいしましょう。

何よりも片づけやお掃除で一番大切なことは、必要のないモノを処分してしまうということです。
明白なゴミである、紙くず、プラスチック製の空き容器、空き缶などは即座に捨てましょう。

また、いつか使うかもしれないと思って取ってあるモノも、一年ぐらいをメドに思い切って捨てましょう。
洋服も、古くなってしまったもの、サイズが合わないもの、何年も着ていないものは捨てましょう。

部屋の中の整理整頓は、基本として床などにモノを放置しないことです。
上着、本や雑誌、CDやDVDなどを積み重ねて床やテーブルの上に投げ置きしてはいけません。
収納場所を作り、いつも決まった位置に決まったものを収納しましょう。
そしてこのときに、よく使うものは取り出しやすい位置に、そして滅多に使わないものは奥の方にしまいましょう。

収納するときには、コンパクトにできるものはそのようにします。
例えば、紙袋などはキチンとたたんで体積を十分に小さくして収納しましょう。
スーパーの袋でも、中の空気を抜くようにして伸ばし、平らに広げて折りたたむとかなり小さくなります。

新聞紙も折り目に沿ってキレイにたたみ、角と角をそろえて古紙回収袋に入れてしまいます。
本は本棚に、ボールペンなどはペン立てに、そして書類などはファイルケースにしまいましょう。
洋服はハンガーにかけて吊るします。
もちろん、キレイにたたんでタンスの中にもしまえるものはしまいましょう。

そして、部屋の中が片づいたら、それを維持することを続けます。
難しいことではありません。
散らかった部屋を片づけるよりも、キレイな部屋を維持する方がよっぽど簡単なのです。

1日10分でよいです。
部屋の中を片づける時間をもうけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です